豆乳と寒天コラボ!人気パティシェ企画のダイエットスープ!

豆乳と寒天コラボ!人気パティシェ企画のダイエットスープ!


【寒天豆乳スープ】


この冬はこれで決まり!

これを飲んで是非ともダイエットしてみませんか?

【寒天豆乳スープ】【★Growup★コスメから雑貨まで人気アイテムが満載!】

寒天の摂取量はどうでしょうか?

寒天の摂取量とは?


1日どのくらいの寒天を摂取したらいいのでしょうか?

寒天が好きなのだけれども、一体どのぐらいがいいのか?


このような疑問を持ったことがありませんか?



でも、大丈夫です!!


また、上限の量はどのくらいでしょうか?


このような疑問にもお答えしてみたいと思います。




実際には、食物繊維は1日に20g〜25g必要と言われており、
現代人は1日5〜6g不足しているとも言われています。



これを補うため、寒天を6〜7g摂取すればよく、
上限はありません・・・・・。


ですが、バランスを考えて
20g程度に留めたほうがよいでしょう。



食物繊維をあまりに摂りすぎてしまうと、
必要な糖・塩分・脂肪量の吸収をも抑えてしまう恐れがあります。



是非とも気をつけましょうね♪



★寒天ダイエットの商品が安いものから手に入ります!★


日常生活には寒天を取り入れよう!!

普段の食事に寒天を!



るんるんコーヒー・紅茶に!

コーヒー・紅茶にティースプーン1杯を入れると、
おいしく食物繊維も一緒にお飲みいただけます。


るんるんお米に!

お米1合に2gの粉寒天を入れて炊くと、
ツヤのあるごはんに炊き上がります。



るんるんカレー・シチュー・グラタンに!

カレー・シチュー・グラタンに入れると、
まろやかに仕上がりさらに食物繊維も摂取できます。



これらのことを日常生活に取り入れるだけでも
あなたに変化をもたらすでしょう!!



★寒天ダイエットの商品が安いものから手に入ります!★



コーヒーを利用して寒天レシピしよう!


今回は、コーヒーを利用して寒天レシピをしてみましょう!


コーヒー寒天(ノンシュガー)

■材料(4人分位)

・水 500ml
・インスタントコーヒー(今回はエスプレッソを使用) 大2
・粉寒天 4グラム
・ホイップクリーム お好みで
・黒蜜 お好みで


■作り方


1.鍋に水と粉寒天を入れよく溶かします

2.火にかけ、沸騰したら少し火を弱め2分くらい加熱します。

3.火を止めたら、インスタントコーヒーを加え、手早く混ぜます。

4.バッドや密閉容器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。(この時、1人分ずつ容器にいれてもOK)

5.食べやすい大きさにカットし(私はさいの目状にカットします)器に盛り付け。ホイップクリームをお好みで、砂糖を全く使用してないので、黒蜜を上からかけるのオススメです。




いかがでしょうか?



特に女性の方は、おやつ代わりにもなるので
是非オススメですよ!!



★寒天ダイエットの商品が安いものから手に入ります!★

誰でも簡単に出来る!寒天レシピ


寒天を使っていろいろと料理をしてみましょう!!


覚えておくと大変便利なのでお得ですよ。。。



抹茶ようかんの作り方!

■材料(3〜4人分)
・粉寒天 2g 
・水 150ml 
・豆乳 100ml 
・砂糖 大3 
・粉抹茶 大1.5 
・熱湯 大3 
・小豆缶 200g 
・きな粉 大3



■作り方

1.鍋に水、粉寒天を加え、木べらでよく混ぜて中火にかけ、
煮立った状態で1〜1.5分煮る。

砂糖を加え砂糖が溶ければ火を止め豆乳を加える。
粉抹茶は熱湯でダマが出来ないようによく混ぜ合わせる。


2.抹茶液を加えて全体に混ぜ合わせ、
小豆缶を加えて手早く混ぜ合わせる。


3.内側を水でぬらした流しカン又はバットに流し入れる。容器を冷水に重ね、粗熱が取れれば、冷蔵庫で冷やし固める。30〜1時間で固まります。
食べやすい大きさに切り、器に盛り、きな粉をかける。



いかがでしょうか?


一度時間がある時に、やってみてはいかがでしょうか?



★寒天ダイエットの商品が安いものから手に入ります!★

寒天はダイエット食の定番食材である!

寒天は海藻の一種である天草(テングサ)を煮詰めて作られています。

食物繊維が豊富でローカロリーなので、実はダイエット食品としては定番の食材なのであります。



寒天の特徴は?

●食物繊維含有量No.1です。

●わずか10gで大キャベツ1個分の食物繊維を含んでいます。



近年では、この寒天がダイエット食品としてだけではなく生活習慣病の予防にも効果が見られることがわかってきました。


寒天に含まれる食物繊維には大量の水を保持し続けるというような特徴もあります。


人の消化液で分解されないのが食物繊維ですが、
寒天はさらに大量の水を保持したまま腸へとやってくるため、腸内では大幅な体積を占める特異的な存在の食べ物です。



その結果、糖やコレステロールの吸収が阻害され、
血糖値の上昇が緩やかになり、余分なコレスレロールを体外に排出してくれます。


【寒天の性質】

血糖、高コレステロール、高血圧、肥満の対策にも
つながります。



★寒天ダイエットの商品が安いものから手に入ります!★



寒天ダイエットについて!

女性の方は必ず読んでみてください!

効果バツグンですからね。。。



今流行の『寒天ダイエット』ですが!?


そのやり方を説明いたしますね。


まず初めに食前に寒天を摂ります。


寒天は、天草という海藻から作られる食物繊維が豊富な食品です。



また、寒天は大量の水分を保持したまま腸へと移動するので、
腸内で大幅な体積を占めます。



そのため、糖やコレステロールの吸収が阻害され、血糖値の上昇が緩やかになったり、余分なコレステロールを排出したりしてくれます。


なお、お茶などの飲み物や、食事に寒天を入れるのも効果的です。



いかがでしょうか?



とても簡単でしょ?




一度あなたも是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?




★寒天ダイエットの商品が安いものから手に入ります!★





【一口メモ】

ご飯を炊くときに寒天を入れると、よりご飯が美味しくなるようですね。


寒天について! 寒天について一言物申す!

かん‐てん 【寒天】

を国語辞典で調べてみると!?


1 寒い冬の空。寒空(さむぞら)。冬天。《季 冬》

2 テングサなどの煮汁を凍結・乾燥させた食品。煮溶かしてゼリー状とし、蜜豆・水羊羹などの菓子の材料とする。また、微生物の培養基や写真工業など利用は広い。


と2通りの意味合いがあるようですね。



寒天は日本の伝統的乾物でもあります。

最近の一般家庭ではあまりおめかけしない地味な存在ですが、
テレビ「あるある大辞典」などでも紹介され、その存在が今、注目されています。



寒天は皆さんもご存知のとおり、海草の一種である天草(テングサ)を煮詰めて作られています。


寒天が食べられるようになったのは江戸時代からであります。

意外な事実がそこにはありますね。。。




実は、寒天の呼び名の由来ですが???


寒い夜にところてんを屋外に置いておいた所、凍って乾燥したことで
偶然にできたものが寒天の始まりといわれています。



寒天はまたダイエット食品にぴったりの食材です。


★寒天ダイエットの商品が安いものから手に入ります!★



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。