寒天について! 寒天について一言物申す!

かん‐てん 【寒天】

を国語辞典で調べてみると!?


1 寒い冬の空。寒空(さむぞら)。冬天。《季 冬》

2 テングサなどの煮汁を凍結・乾燥させた食品。煮溶かしてゼリー状とし、蜜豆・水羊羹などの菓子の材料とする。また、微生物の培養基や写真工業など利用は広い。


と2通りの意味合いがあるようですね。



寒天は日本の伝統的乾物でもあります。

最近の一般家庭ではあまりおめかけしない地味な存在ですが、
テレビ「あるある大辞典」などでも紹介され、その存在が今、注目されています。



寒天は皆さんもご存知のとおり、海草の一種である天草(テングサ)を煮詰めて作られています。


寒天が食べられるようになったのは江戸時代からであります。

意外な事実がそこにはありますね。。。




実は、寒天の呼び名の由来ですが???


寒い夜にところてんを屋外に置いておいた所、凍って乾燥したことで
偶然にできたものが寒天の始まりといわれています。



寒天はまたダイエット食品にぴったりの食材です。


★寒天ダイエットの商品が安いものから手に入ります!★



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27852038

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。